lyrics

タシカナオモイ


諦めないよ 

終わらせないよ

描いた夢を

この目で見たいから

今行こう


例えば人の行く道と

違っていたり遠回りしたり

それは孤独で不安だけど

僕は自分を信じてみたい

だから


諦めないよ

終わらせないよ

描いた夢を

この目で見たいから

過去未来も全部

後悔したくないんだ

過去未来は全部

僕次第 yeah


例えば僕の行く先が

果てなき険しいまだ見ぬ道で

それは痛くて前に進めない

倒れそうになって涙枯れて

もう止めようかな もういいよね

そしてまた何も掴めない


こうしていつも逃げてばかりいた

そんな僕にもうさよなら


諦めないよ

終わらせないよ

描いた夢を

君に見せたいから

過去未来も全部

後悔したくないんだ

過去未来は全部

僕次第 yeah yeh


きっときっとそれは

決して簡単ではなくて

きっときっとそれは

小さくても確かな想い


諦めないよ

お前の未来


何だか空気を殴っているみたいな感じだ

それは捕まえてもするりするり逃げてくのさ

当たり前は当たり前じゃない 常識なんてない

心も響かない 情識はない それならば


離して もう君なんかいらないよ

ぶっ壊して 無駄な日々にsay bye-bye

消しさらって 君のいるこの記憶

邪魔するだけだからさ


音楽の中で嘆くことしか出来ないのだ

この自分の無力さひしひしと感じるのさ

やり場のない怒り ストレス 夜も眠れない

法は役に立たない 意味がない それならば


焦がして 僕の全ての感覚

隠して 本当の気持ちthrow far away 

閉ざして 失え 大事なもの

感情はいらないのさ


参ったな じっとしてられない 情熱ふつふつ

やっぱり嘘つきたくない 戦う? それならば


砕いて 己の弱き心

バカになって 行くべき道 just go for it

切り拓いて お前だけの未来を

何かが変わる

拓いて お前だけの未来を

何かが変わるからさ

未来は変えてくのさ

わがまま


心も身体も一人歩きだ  

夜風が僕をさらってくんだ    

誰かに任せたから知らない

なんで自分がわからないの? 


ただただ欲くて まだまだ足りなくて

失ってしまうの 何も残らない  

 

一生そうやって生きてくんでしょ?

だってだって縛られたくないんだもん

一生そうやって言い切ってくんでしょ?

YESは言わないよ

僕は在るがままだ


過去があるから今があるけど           

消せない過去はいらないんだ

先のことは考えないから

今が良ければきっとそれでいい


ただただ不安で まだまだ心配で

焦ってしまうの そこに意味はない


一緒、そうやって変わらないんでしょ?

だってだって縛られたくないんだもん

一緒、そうやって変われないんでしょ?

脳がないから

我がままだ


皆に笑われるとき

僕も僕を笑っちゃおうかな

って覚悟 oh!


一生そうやって生きてくんでしょ?

だってだって縛られたくないんだもん      

一生そうやって言い切ってくんでしょ?

YESは言わないよ

我がままだ


一緒、そうやって変わらないんでしょ?

だってだって縛られたくないんだもん

一緒、そうやって変われないんでしょ?

脳がないから

僕は在るがままだ


僕にそっと近づいた

その音は音を立てずに

僕の心臓に入り込んだ

その音は雷鳴のように


優しさをくれるの

才があるの

わかってくれているの

そんな奴…


ただ信じてみたいよ

ただ信じてみたいよ

信じてもいいかな?

悔しいよ

君の音に恋してる

君の音に恋している

僕のもんになってよ

心に落ちたよ


僕から急に離れた

その音は音を立てずに

僕の心臓は空っぽになった

その音は傷を残して


別のとこ見てるの

興味ないの

ふいに牙を剥くんだ

そんな奴…


もう何も信じないよ

もう誰も信じないよ

信じたくないよ

悔しいよ

君の音に恋してる

君の音に恋している

僕のもんになってよ

心に落ちてよ


ただ信じてみたいよ

ただ信じてみたいよ

信じてもいいかな?

悔しいよ

君の音に恋してる

君の音に恋している

僕のもんになってよ


もう何も信じないよ

もう誰も信じないよ

信じたくないよ

悔しいよ

君の音に恋してる

君の音に恋している

僕のもんになってよ

心は朽ちてく

アネモネ


こんなどしゃ降りの雨 ついてないな

それじゃあ僕の涙は雨水だ

朝九時 都会の喧騒 邪魔な傘

それじゃあ僕の声も届かないよな


色鮮やかは見せかけだろ

だってあまりにも儚すぎる

だんだん薄れゆく視界

体温を奪ってく


僕はいるよ ここにいるよ 誰も気づかない

聞こえないの? 見えてないの?

死んだも同然じゃんかよ

寂しいよ ここにいるよ 誰も気づかない

遠くにいるの? 近づけないの?

死んだら距離なんかない


辛抱の体 風は風で散る

心房の赤 息の音塞ぐ


こんな照りつける月 ついてないな

それじゃあ君の涙は干上がるね

夜九時 都会の喧騒 邪魔なネオン

それじゃあ君の声も届かないよな


色鮮やかは見せかけだろ

だってあまりにも儚すぎる

だんだん薄れゆく視界

体温を奪ってく


君はいるよ ここにいるよ 誰も気づかない

聞こえないの? 見えてないの?

死んだも同然じゃんかよ

寂しいね ここにいるよ 誰も気づかない

遠くにいるの? 近づけないの?

死んだら距離なんかない


辛抱の体 風は風で散る

心房の赤 息の音塞ぐ


僕はいるよ ここにいるよ 誰も気づかない

愛されないの? 愛さえないの?

必要とされないの

寂しいよ ここにいるよ 誰も気づかない

愛されないの? 愛さえないの?

それじゃあ僕が見ててあげる 君のこと


僕はいるよ ここにいるよ 音を奏でるよ

聴いてくれるの?聴いてくれるの?

僕の答えは君だ

君はいるよ ここにいるよ 音を口ずさむ

叫んでるよ? 叫んでるよ?

君は確かに咲くよ


何度だって言うよ 僕はここにいる

何度だって言うよ 君は要るよ

うわごと


No way 薄っぺらな人生

こんなはずじゃない そうじゃない

逃げ出したくなるよ


No doubt 才能なんてもんはない

何も続かない 中途半端

逃げた僕はどこにいる?


生きる意味とか考えたくなる

そんなミュージックで耳を塞いだら…


脳を漁って 散らかして

滲むインクに隠れる

泣いていたらいい?変われるの?

わかんないやイヤ嫌


絶望感と喪失感

埋まらない差 水たまり

溢れたら 地はなくなる?

なんてうわごとを

Lalala 歌うよ


Sunday 人混みに身紛らわせ

肩ぶつけ転がるように疾走

自分の存在確かめる


Someday 手にできるか

安らかなる僕の居場所

見当もつかない話だけどさ


生きる意味とか考えたくなる

そんなミュージックで耳を塞いだら…


言葉書いて 文字並べて

ロンリーデモを掲げるさ

泣いていたらいい?変われるの?

わかんないやイヤ嫌


絶望感と喪失感

声枯らしながら吐き出す

曲なら許されるかな?

なんてうわごとを

Lalala 歌うよ


生きる意味とか知りたくもない

だからミュージックで耳を塞ぐのさ


希望抱いて 夢を見て

現実にぶちあたって

この世はなんて皮肉だ

偽りlie lie lie lie lie lie…


消して 過去を消して

もう終わりにしてみよう

涙も果てた?息絶えた?

わかんないやイヤ嫌


絶望感と喪失感

埋まることなく流れる

溢れたら 血はなくなる?

なんてうわごとを

Lalala 歌うよ

K.A.I.S.E.N


海鮮LOVE


いつか白魚だけでお腹いっぱいに出来たらいいなあ

あしが早いぞ要注意

新鮮なうちがうまいぞ

ちゅるちゅるちゅるちゅる

しらうwow oh


いつか甘えびだけでお腹いっぱいに出来たらいいなあ

殻剥きが超大変

食べるまでに一苦労

ぴちぴちぴちぴち

甘えびhoo oh


いつかはまぐりだけでお腹いっぱいに出来たらいいなあ

砂抜きは要必須

塩抜きはそこそこで

ぱかぱかぱかぱか

はまぐりyeah yeh


海鮮LOVE